スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のすがるパックⅢ

さて、年明け早々貯まった記事を書いていきます。今回も順番を無視して期限のある新パックから投稿させて頂きます。

まさか第3弾までくるとは思わなかったのすがるパックですが、さすがにもうお腹一杯ですね・・・。とはいえ、今回も尖った能力を持ったカードが実装されていることもあり、うわばきちゃん、タランあたり1枚は入手しておきたい所でしたのでとりあえず開封。

TP[広告] VPS

TPのみで全て入手出来ました。キャスタリアで開けている分少しでも抑えていきたい所ですね。タランは☆4ですが、よーくみてみると融合ではないので石で進化が可能です。とはいえ、☆4でも十分なのでとりあえずはこのまま。

それでは考察です。

【うわばきちゃん】
☆5うわばきちゃん

☆6うわばきちゃん

うわばきちゃん 立ち絵

相手(敵英雄全員)のドローを100%封じるのが特徴のカードです。代わりにHPは☆5で8、毎ターン召喚者に5ダメ、スキル、ルーン使用時に手札の待機値が一番高いカードの待機値を3というデメリットも持っています。特に魔力抑制に関しては既に実装済みのハデスやアメリアとは違い、自ら除去、死亡時の変化で回避出来ないので常に抱える必要があります。

このカードが場にいる限り相手にドローをさせないというのは非常に強力な効果ではありますが、その分デメリットも多いので使い方には要注意です。一番望ましいのは開始早々召喚し、相手の手札に除去スキルやフェレス、謙遜等の無力化する手段が無いパターンですね。手札、場のカードで対処出来なければ新たにカードは引けないので詰みとなります。そのため、このような状況をつくるためにも速攻デッキに組み込み、奇襲で手札、ミルシェ等で除去スキルを少しでも減らすようにすればより確実に出来るかもしれません。また、再生持ちということで運が良ければ除去に対しても1回だけ耐えられる可能性があるのは良いですね。

このカードは相手の展開を抑えるためのカードなので、後半に出すほどメリットも減っていきます。ましてや今の環境では英雄のHPも重要ですので、ある程度まで減ってしまっていた場合、召喚すらためらう展開も0ではないでしょう。相手の展開を封じることが出来てこそデメリットを気にせず使えるというものです。イーナやイズンといったカバー要因がいれば使役の代償は対処出来ますが、魔力抑制は回避は不可能です。

☆6になるとHPが13にまで増え、デメリットである使役の代償は5→3、魔力抑制も3→2と小さくなります。使役の代償は予測の範囲内ですが、魔力抑制に関してはさすがに0にはならなかったようですね。ハデスのパターンのようです。このぐらいなら通常のデッキでも気にせず使っても良いかなといった印象ですね。私的には☆5であれば通常のデッキでの運用は難しく、専用のデッキで初めて使うカードという評価です。


【SPC自転車ちゃん】
☆5SPC自転車ちゃん

☆6SPC自転車ちゃん

SPC自転車ちゃん 立ち絵

アイシャ、マリタEXと同じ縮地持ちで、憤怒と滋養、加熱によって成長するのが特徴のカードです。このカードは対返撃の鞍を意識したカードなのでしょう。そもそも縮地で開始早々張り付くのに、闘志ではなく憤怒というのは発動する機会は限られます。EXでは今時警戒持ちが出てくることは稀なので、むしろ返撃の鞍によるダメで発動が主となるでしょう。

もちろん返撃の鞍持ちに攻撃することで自身にもダメが来るわけですから、そこを回復6で大幅に回復しつつ滋養と加熱でHPの底上げをすることで、対返撃の鞍でも耐えることが可能となります。何といっても返撃の鞍持ち相手でも耐えられる程の耐久度ですから、中途半端なダメでは倒し辛いです。そのため、出だしの火力は大したことなくても、長く残られたことで意外と大きな痛手を負わされることもあり得るかもしれません。このカードのために除去カードを使うのも少々躊躇ってしまいます。

私としてはデッキに採用しても良いかなと思いますが、入れられる余裕がないので今は様子見といった所でしょうか。☆6になればメディテーションがつくので、これなら是非使っていきたいですね。全回復とHP上昇の相性は抜群です。その上縮地と枠さえあれば相手を直接攻撃するわけですから、相手のHPを削るには最適です。


【女帝蜘蛛タラン】
☆5女帝蜘蛛タラン

☆6女帝蜘蛛タラン

女帝蜘蛛タラン 立ち絵

毎ターン移動不能の敵味方を即死させるのが特徴のカードであり、今回の問題児でもあります。キラースパイダーの対象である「移動不能」というのは下記が対象となります。

①壁、不動、バケーション持ちといった移動が出来ないユニ
②「移動不能」のデバフ状態のユニ


①に関してはフォーチュンやイーナ等も対象になるので自分のが巻き込まれないよう注意が必要です。問題なのは②です。これは移動出来るユニでも移動不能状態に出来れば即死させることが可能ということになります。よって、タランを一番最後に行動するようにすれば、そのターン内で攻撃→移動不能付与→キラースパイダー発動という凶悪なコンボが成立します。

これで何が想定出来るかというと、ルイラを使うことで3ライン5マスの範囲に移動不能をばら撒いてから即死というバランスブレイカー的なことが出来る様になります。これを逃れるにはデバフ無効持ちかブロでダメを防ぐかです。

ですが、上には上がいるものでして、先日実装されたとあるカード。


禁足魔イネス?

このカードは常に全敵を移動不能状態にするので、デバフ無効持ちでなければ問答無用でキラースパイダーの餌食にしていきます。ダメも行動順も運も品質も相手の強さも一切考慮不要のお手軽殺戮兵器の誕生です(白目)。☆4が1枚ずつあれば誰でも出来ます。

今後の環境にどこまで影響するか非常に心配になりました。いくらデバフ無効持ちが増えてきたとはいえ、デッキの半分以上を占めるには到底至らないのでこれをやられたら一掃されてしまいます。仮に展開されて対処しようとしても、ユニで攻撃しようにもイネスによって移動が出来ないので、近接持ちでは対処出来ないでしょうからそのまま後手にまわって負けとなる可能性もあるでしょう。

まぁ、待機値4と5のカードが場に揃って初めて成立するコンボですからそこまで頻繁には起きないでしょうし、誰もが持っているという訳でもないでしょうからそこまで大きな問題にはなら・・・ないといいなぁと思う所ですね。本来なら自分が攻撃したユニに対して発動させるのが目的だったのに、キラースパイダーの効果対象が広すぎたせいでこんなことになってしまったのでしょうね。

最後に☆6になってもHPが増えるだけなのでこのカードは☆4からでも問題なく使えるカードです。少しでもHPを増やすために質を上げるぐらいです。


今回はここまです。また何かあれば更新していきます。今回この記事を書いてて改めて気づきましたがイネスって絵変わっていたんですね。元々は

☆5禁足魔イネス

でした。どうみても今の絵はのすがるですw
きっと不具合か何かに違いないですね!


そういえば先日の罪と徳の抽選ですが、今回は☆5の謙遜でした。カードは良かったのですが質は足らず。もちろん☆6チャレンジしてみましたが案の定失敗しました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。