FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EX結果1vs1、2vs2(9/13修正)

今回の1vs1は欠席で2vs2は初戦敗退という結果でした。2vs2に関しては競技場に人がいても相方がいない、相方がいても競技場に人がいないというパターンが多かったためポイントもろくに稼ぐことが出来ませんでした。

結果、相方はポイント足りなかったので急遽他の知り合いの方をお誘いしましたが急用のため不参加となり、私1人で臨んだものの何も出来ずに終了したため記事の内容も簡素となっております。

【1vs1】



【2vs2】


1回戦目 つぐみさん、めいさん 不戦勝


2回戦目 魔王さん、魔王嬢さん ××

今回1人で臨むにあたり、唯一勝てる可能性があるとすればアスラ魔鏡からのクリ狙いしかないと判断して術でいきました。しかし、2戦とも迅雷でこられ、1戦目は4ターン、2戦目は5ターンで決着したためほとんど何も出来ずに終わってしまいました・・・。


【追加報酬について】
さて、今日公式に今回と次回のEX優勝者に新カードが配布とのことらしいですね。説明が非常に分かり辛いですが、今回と次回連覇した場合は☆5、どちらか優勝の場合は☆4が配布ということでしょうか。幸い(?)今回の記事は内容が薄かったので新カードの考察も書いておきます。

<9/13修正>

【火竜ドララン】
☆5火竜ドララン

パッと見いらないカードかと思いますが、召喚後1ターン目のみに発動する「溶岩竜召喚」の効果次第では問題児にもなり得ます。

と言いますのも召喚数の上限の記載がありません。つまり、周囲1マス全てに召喚という可能性が出てきます。仮に全て召喚した場合、ニーナとの相性の良さはアメリアにも劣らぬレベルと思われます。1vs1であれば最大5体、2vs2であれば最大8体召喚となりますので待機値2の性能としては問題児とも言えるでしょう。しかも召喚される溶岩竜は守護神持ちのため、敵からのダメやルシフェリアの氷結、セクメトの毒を肩代わりしてくれます。HPも10と待機値2にしては高いのも特徴です。

個人的には周囲1マス全てに召喚されるものと思いますので、これを入手した方は直撃デッキにより磨きが掛かることと思います。せめてもの救いは先日直撃対策カードが実装されたことで、多少なりは対策も可能であるということでしょう。


いらないカードでした。どうやら過去に海外で実装されたカードのようで召喚の数も1体だけとのこと。EX優勝記念カードといったところですね・・・。


今回はここまでです。何か進展があれば更新していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

火竜ドラランは、海外版と同じ性能なら一体だけ召喚のはずです。

海外版のテキストにも上限数は書いてないので、それをそのまま翻訳したんだと思います。

No title

中国で最初の旧正月に配布されたカードだったはずだから5年以上古いのを持ってきたことになる。
EX優勝者が戦力にするカードじゃないですね

普通に1体だけの召喚でした
ゴミです

No title

>火竜ドラランは、海外版と同じ性能なら一体だけ召喚のはずです。

海外版のテキストにも上限数は書いてないので、それをそのまま翻訳したんだと思います。


なるほどー、既に海外で実装済みのカードだったのですね。公式にもテキストは修正の可能性あると書いてありますし、上限数について追記しそうですね。


>中国で最初の旧正月に配布されたカードだったはずだから5年以上古いのを持ってきたことになる。
EX優勝者が戦力にするカードじゃないですね


なんと・・・そんなに古いカードだったのですか。余計に何故ここで配ったのかが疑問ですね。ご指摘の通り優勝者の方が使うことは皆無ですね。


>普通に1体だけの召喚でした
ゴミです


情報ありがとうございます。1体しか召喚しない以上、どう考えても価値は見出せませんね・・・。

パソコン殉職してから

2ヵ月、早くインしたい。そして最近は2VSはしぶさんと組んでるんですね。久々にひょっこりとコメントするgureiでした。

No title

>gureiさん

なんと、パソコンが殉職されていたのですか・・・。てっきりDGの存在すら忘れ去られたものとw

最近は組む人が毎回違いますね。次回はgureiさんが組んでくれてもいいんですよ?(チラッ

あんなに期待込めて書いてる文章バッサリと消されてるのに不覚にも笑ってしまったww

No title

>ここりんさん

それだけ落差がある結果だったということです。
編集しててもこれはバッサリいくべきだと思いましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。