FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛に満ちたパック

ここ最近平日更新が難しいため休日更新が定着化しつつあります・・・。

ということで先日実装された愛に満ちたパックに書いていきます。今回はどれも使えるカードで今の環境に対抗出来るものばかりです。今回は3枚中2枚が☆5でしか入手出来ませんが全て入手を目指しました。

TPとDG[広告] VPS

DG1[広告] VPS

DG2[広告] VPS

フェレスは石による進化が出来るのでとりあえずこれでコンプ。ですが、思いのほか早く揃えることが出来たのでイーナの2枚目確保のため更に開封してみました。

DG3[広告] VPS

結果イーナは2枚確保し、フェレスも数枚入手することが出来たので今回の引きはいつもより良かったと言えます。新カードに関してはハズレなしという認識なので多少多く開けることになっても致し方ないかと思いましたが・・・。

それでは考察です。

【煌めきのイーナ】
☆5煌めきのイーナ

☆6煌めきのイーナ

煌めきのイーナ 立ち絵

個人的に今回の一番注目のカードです。風神の門によって召喚者への聖光、砕霊(バステト)を除いた魔法ダメを0にするため、直撃系を全て防ぐことが可能になります。その上待機値3というキルリミ対象にはならない範囲での軽さ、前線に出ない不動、スキルの対象にならないステルスによって生存率もかなり高めです。

自身も聖光、砕霊を除いた魔法ダメを0に出来ますが、被物理ダメが2倍のためメイ・リンの必殺剣等には注意です。魔法は範囲攻撃があるので壁があろうが後ろにいようが油断は出来ませんが、怖いのは物理なので鎧袖一触や狙撃持ち、すり抜け持ちの物理でなければあまり気にしなくても良いでしょう。

このカードが登場したことで直撃環境へのより有用な対策が出来ることと思います。現時点で聖光、砕霊の直接攻撃はありませんのでこのカード1枚でカバー出来ます。もちろん生存率は高めとはいえ忘却には弱いので謙遜や今回のフェレスには弱いので油断は禁物です。

☆6になるとHPが+10され被物理ダメ2倍が無くなったことで耐久面が大幅強化されました。☆5でも十分な性能ですしわざわざ作ろうとする猛者はいないことでしょう・・・。それにしても待機値3でステルス持ちでHP22はヤバイです・・・w


【無償の愛を持つ者】
☆5無償の愛を持つ者

☆6無償の愛を持つ者

無償の愛を持つ者 立ち絵

こちらも直撃対策に有用なカードです。こちらはイーナのように魔法攻撃を0には出来ませんが3ダメまでであれば召喚者への破甲系を除いた物理ダメも0にしてくれます。また、耐久面に関してもステルスは無い代わりに奇跡の生還によって50%で復活。前には出てしまうものの待機値は2と軽めなのでこちらも使い勝手が非常に良いです。待機値が2なのでキルリミの対象ではありますが、奇跡の生還によってカバーも可能です。待機値2なので除去スキル使われてもそこまで痛手でないのも良いです。

過去にもマリーが召喚者へのダメを2軽減持ちでしたが待機値が4と今の環境では使うには至らず。私もイヴを使った天使デッキも使ってますが展開に時間が掛かるデメリットがありました。しかし、このカードなら軽さ、耐久面、軽減出来るダメの範囲の広さから1枚で十二分と言えることでしょう。これにより対迅雷でも使えますし、バベル等でも最上層での速攻系相手でも対抗出来るであろう点も良いですね。

個人的には直撃への対抗策としてイーナかこのカードを1枚、念入りにするならイーナ2枚かイーナとこのカードを1枚ずつデッキに入れますね。少なくとも実装されたばかりなのでまだ直撃系は多いと思います。なのでイーナかこのカードのどちらかは1枚でも入手して直撃に備えたい所です。

☆6になるとHP+3に軽減できるダメが3→4となりました。現環境は単体であれば覚醒ニーナとダークリッチの穢れによる3ダメなので☆5でも十分ですが、エレミーを始めとした属性強化や属性増大もあるので多くでも軽減できることに越したことはありません。しかし、3ダメも軽減出来ればそう簡単にやられることはありませんので☆5で十分なカードでもあります。以前に比べて精鋭の融合カードの出が下がっているので☆6の入手はより難しいことでしょう。


【貴公子フェレス】
☆5貴公子フェレス

☆6貴公子フェレス

貴公子フェレス 立ち絵

今回唯一☆4から入手出来るカード。何故謙遜実装直後に出したのかと言いたいレベルのカードです。召喚時に全敵ユニに忘却を3ターン付与します。さりげなく射撃ダメ2倍の射撃増大を持っていますがこんなものはただのオマケです。性能故召喚時に召喚者へ4ダメ与えますが能力を考慮すれば気にならないレベルです。

このカードによってコスト面が問題であった謙遜の代わりに使う人も出てくることでしょう。謙遜は自身がデバフ無効のため安定感もありましたが、フェレスは待機値3なので気軽に使えてやられても3ターンは忘却を維持出来ます。謙遜とは違ってフォーチュンで解除も出来ますが、今の環境下では2vs2ではない限り謙遜もコスト面で足を引っ張りがちなのでフェレスの方が採用率は高めとなるでしょう。

個人的にはふぇりすによる再召喚からの忘却だけでなく、ムーン、エレミーの月光による復活からの忘却とフェレスを再利用することも可能なのが良いです。最近はムーンをよく使うので初回行動時限定とはいえ強力な能力であれば恩恵も大きいです。

☆6になるとHP+4に忘却のターンが3→5となり使い勝手が更に良くなります。とはいえ、最近の環境であれば3ターンも付与出来れば十分ですね。もちろん1vs1より長期化しやすい2vs2では重要となってくるでしょうからあれば恩恵もあることでしょう。私もイーナや無償の愛を持つ者がなかなか出なければ☆6に挑戦していたことでしょう。


今回はここまでです。今回のカード実装によってどこまで影響するかは分かりませんが、直撃一強のような状態が少しでも緩和され、競技の単調化が無くなれば良いと思いますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回はかなり引き良かったですね
某精霊王はイーナ引くのにとんでもないことになっていましたよ・・・

No title

>今回はかなり引き良かったですね
某精霊王はイーナ引くのにとんでもないことになっていましたよ・・・

☆5枠を複数枚狙うとなるとリスクもかなり高いので今回は本当に助かりました。

私は以前ロレッタの際はあきらめましたが、出るまで開けていたらとんでもないことになっていたかもしれません・・・。

聖光の直撃は鞍であった気がします。輝きの鞍だったかな?

No title

>通りすがりさん

そういえば鞍でならありましたね。数が多すぎて記憶に埋もれてました。

鞍は返撃一強なので使われることはほぼないのでしょうが・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。