スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と徳パックⅦ(8/18更新)

連休中のため久々の当日更新です。今回は罪と徳シリーズ最後の謙遜が実装されました。デバフ無効以外のユニを全て忘却により無力化出来る強力なユニなので皆さん狙う方も多いことでしょう。

TPでは入手難易度が高いので狙うなら10パックでもらえる箱狙いのDGが無難でしょう。ということで早速開封してみました。また、今回のチャージ特典はアルカナのムーンが2枚ずつもらえるようですね。個人的にはこちらも☆6を狙う良い機会なので今回はこちらも積極的に狙いたい所です。

DG1[広告] VPS

DG2[広告] VPS

DG3[広告] VPS

1箱目は嫉妬でしたが2箱目で謙遜を無事入手。今回は予備でもう1枚確保するため更に開けましたが3箱目で入手。そのままムーンの☆6に挑戦したものの成功せず、追加でチャージして3回目で成功しました。

☆6ならHPも8あるのでローレルでやられることもないですし、返撃によってやられやすいユニも隣接さえしていれば1回復活出来るので盤面維持の安定化に期待出来そうです。とはいえ除去系のスキルに弱いので油断は禁物ですが・・・。エレミーの☆6があれば2ターン目以降も月光の発動機会があるのですが、無い以上ムーンを使うしかありません。

<8/18更新>
ちなみにまだ未検証ですが、返撃の鞍で受けたダメを肩代わり出来るのかが気になりますね。普段肩代わり出来るユニを使っていないので実際どうなのかが確認出来ておりません。先日の麒麟に関してもダメを肩代わり出来るユニがいれば返撃対策も可能かと思いましたが、実は返撃に関しては出来ないのではという印象です。練習でじっくり確認したい所ですが、周囲に返撃の鞍持ちの方が少ないのでどなたかお分かりになりましたらご教示頂けると助かります。

もしも仮に返撃の鞍によるダメは肩代わり出来ないとなれば、麒麟を使う際はエレミーかムーンで月光を付与させないと維持を安定化させることは出来ないことになり得ます。


返撃の鞍によるダメは肩代わり(クレハ、クリス、エルオール、メイファ等々)出来ないということが分かりました。よって、返撃の鞍持ち相手に直撃持ち、麒麟を用いる場合は月光等の復活系やHPを上昇、回復させるしかありません。


少々話がずれてしまいましたが改めて考察です。

【謙遜】
☆5謙遜

☆6謙遜

謙遜 立ち絵

待ちに待ったカードですね。場にいる限り全敵ユニに忘却を付与します。これによって厄介なセクメトを始めとしたデバフ無効持ち以外のユニを無力化することが出来ます。どんな状況でも効果を発揮できるため、今の直撃環境においても十二分に活躍出来ます。自身はデバフ無効のため、魂奪やダメ以外でやられることはないという安定さもあります。

また、覚醒マーレが何体いてもわざわざ除去、無力化しなくても後出しで無力化が出来るので強力です。謙遜召喚→覚醒マーレと出せば相手の覚醒マーレは一掃出来てしまいます。もちろん相手がフォーチュンを召喚していようが、1体のみであればそのフォーチュン自体にも忘却を付与するので相手はデバフ無効持ち、神の化身状態じゃない限り防ぐことは出来ません。これによってメイ・リンによる加速の妨害も謙遜を召喚してから行うことでわざわざ除去しなくても出来るのもポイントです。

問題は待機値が7と重いこと、最優先で除去されやすいこと、デバフ無効持ちが多いこと、魔鏡されるとかなり面倒であるという点があります。待機値に関しては加速が必須となりますので、メイ・リンが出てくる前に対応したい所ですね。下手すると出せずに勝敗が決するので注意です。除去に関しては☆6なら監視の塔や月光等少しは軽減することも可能ですが、ふぇりすでカバーが基本になるでしょう。デバフ無効持ちに関してはどうしようもないので、極力前に出ないよう謙遜の前にユニを配置でしょうか。魔鏡に関してはお互い大半のユニが忘却状態となるのである意味泥沼化します魔鏡で2体にし、互いにカバーすることで対策することも可能でしょう。

☆6になると無欠の盾持ちになるのでバフ効果を受けることが可能です。これによって上記のようにステルス、月光を付与して少しでも場に留めることも可能です。神官ならこのカードのために守護天使を使うのもありかもしれません。


【嫉妬】
☆5嫉妬

☆6嫉妬

嫉妬 立ち絵

謙遜によって存在が薄れてますがこちらも中々のカード。ステルス持ちで毎ターン射程内のユニのHPを1にするのと、自身がユニを倒すと敵英雄にダメを与えるのが特徴です。このカードは近接系なので基本正面1,2マスの敵が対象となります。

HPを1にする効果によってブロされなければ撃破し、そのまま敵英雄にもダメを与えるので上手くいけば毎ターン敵ユニを撃破することも可能です。問題は自身の火力が1なのでブロされたら自身で撃破するのは難しいこと、デバフ無効持ちやフォーチュンの前では意味が無いということが挙げられます。

直撃環境としては撃破時4ダメはまぁまぁの効果ではありますが、安定性には欠けてしまうので採用は難しいでしょう。そのため、主な使い方としては少しでも多くの敵のHPを1にして他のユニで対処し、自身が撃破出来ればラッキーという所でしょうか。HPが1ならば大半のユニでカバー出来るので無理に狙わなくても十分かと思われます。ですが、近接系のため遠距離持ちの相手だと射程内に到達するのに時間が掛かったりするため、状況によっては機能しないケースもあるので注意です。

☆6になるとHPが5増えて撃破時のダメも6となります。火力は変わらずのため使い勝手はあまり変わらずです。しいて言うならば、仮に今後闇属性2倍の効果が出てくるようであれば、嫉妬が撃破する度に12ダメという効果なのでアメリアに次ぐダメージソースにもなることでしょう。


今回はここまでです。皆さん謙遜目当てでいつもより多くの人がパックを開けるでしょうから☆6入手される方も出てくるかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

謙遜の実装により術師はもう駄目かも知れませんね・・・
環境に大きく変化を及ぼすカードだと思います

No title

>問題は待機値が7と重いこと
加速しようにも、メイ・リンを出されると加速妨害されますもんね・・・

反撃は反射と同じ仕様なので肩代わり無理ですよー
謙遜は最初重たいなと思っていたのですが、除去を使用させたあとに出せる重さなので逆に丁度良いかもと思いました。
2vだと尚更出しやすいですね。
速攻狩人には微妙です(-_-;)

No title

>九頭竜さん

確かにデバフ無効持ちで厄介なユニというのは術師にとっては対処が面倒ですね。

ですが、個人的には厄介ではあるものの、待機値の関係ですぐには出てこないこと、☆6バニを2枚積みやクロスボルトを組み入れることで対処も可能ではあるのでまだ活躍の場はあると思います。

とはいえ☆6のバニ2枚というのはランカーさん視点になってしまうので石を1枚にしてクロスボルトを1枚増やす等デバフ→ダメ重視のスキル構成にするのが無難な対策かもしれません。


>読者さん

今の環境は早さが求められるので待機値7というのはリスクも高いです。

とはいえ、召喚出来ればその効果も大きいのでそれを考慮しても使う価値はあるので使う人は多いでしょうね。


>反撃は反射と同じ仕様なので肩代わり無理ですよー
謙遜は最初重たいなと思っていたのですが、除去を使用させたあとに出せる重さなので逆に丁度良いかもと思いました。
2vだと尚更出しやすいですね。
速攻狩人には微妙です(-_-;)

情報ありがとうございます。やはり肩代わりは出来ないのですね。そうなるとエレミー、ムーンの月光やHP上昇、回復を用いるしかないわけですね。

確かに後出しの方が恩恵が多いことがあるので、最初に引いても召喚する頃には丁度良いということがあると思います。

効果範囲が全敵なだけに2vs2の方が活躍出来ますね。自身が困っていなくても相方が場のユニに邪魔されている時等でも発揮できる能力なのが良いです。

今の環境下で如何に運用するかがカギとなるでしょうから、使うからにはドロー、加速の備えも必須となるでしょう。

全忘却…、全忘却…!!
いいもん!
出てくる前に減速して仕留めればいいんでしょ!
…これで少しでも環境遅くなって減速が刺さるように!なら…ないよな…(絶望)

No title

>ここりんさん

そうそう、出てこなければ怖くないのです。出てきても魂奪すれば良いのです。それで勝てるという保証は出来ませんがw

私は先日のアスラ実装により新たに減速デッキつくりましたね。相変わらず早い環境に変わりはありませんが、減速もある程度数展開することで少しは対抗出来ている気もします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。