修羅の業パック

今週は修羅の業パックと魔界の門が実装されました。魔界の門は報酬に魅力が無いのでスルーしますが、今回のパックに麒麟があるので欲しい人は周回することになるでしょう。

麒麟は私も待ってはいたのですが、先に返撃の鞍が来てしまったことで安定性が欠けてしまったのが残念です。とはいえ、他にも敵英雄のHPを削れる要因も増えたので活躍は出来ると思いパックも開封。

DG1[広告] VPS

DG2[広告] VPS

DG3[広告] VPS

DG4[広告] VPS

融合枠の十字砲火の王を入手した頃には他の新カードも☆5で入手。麒麟系も☆4で十分なのでこれ以上開ける必要はなさそうです。待機値3の麒麟は☆5にすることでサイオニック4→5になりますが、石も使えない以上狙うのはリスクが高いので断念。恐らく別のパックでまた入手出来るでしょうから今ここで揃える必要はないでしょう。

さて、それでは考察です。

【水獣アスラ】
☆5水獣アスラ

☆6水獣アスラ

水獣アスラ 立ち絵

今回の当たり①でレイアの獣人版。先日実装された☆6マイコが持っていた属性ダメ2倍ですが、アスラは☆5から持っているのが特徴です。また、もう1つダメを与えたときに猫人のスパイを召喚する能力も獣人の怒りと合わさることで一度に2体召喚出来るのも強力です。主な挙動は下記の通りです。

<挙動まとめ>
①氷結増大は☆5ルシフェリアにも効果あり。(バフ効果ではないため)
②獣人の怒りはアスラ単体では発動しない。
③獣人の怒りは敵英雄が2体でも猫人のスパイが召喚されるのは1体。
スパイを送り込むは獣人の怒りと、通常攻撃それぞれで発動する。(1ターンに2体召喚が可能)

①に関しては過去の属性強化でおおよそ予想は出来ておりましたが、これでルシフェリア、セラ、ネイ等の氷結系のユニがより活躍することが出来ます。②、③は強さを考えれば妥当だと思えます。④はそれほど難しくない条件なのですぐに4体まで持っていくことが出来ることでしょう。

このユニの運用方法ですが、ルシフェリアやセラの範囲攻撃強化、獣人メインでアスラ以外の獣人×2ダメで敵英雄のHPを削る、ルウカ、イーブマールEXのように減速持ちをばら撒くといったものがあるかと思います。個人的には減速をばら撒きつつルシフェリアを強化出来ればいいかなという所です。

このカードの強さは減速に関して言えば毎ターン猫人のスパイを召喚出来ること、味方の獣人が1体以上で通常攻撃も当たれば2体召喚が可能なこと、召喚されるユニの質が他のユニよりも優れているということです。しかもこれが一部の能力であり、獣人の怒り、氷結増大、虚無障壁と攻撃、支援、妨害、デバフ無効を兼ね備えたユニと言えます。その分☆5でもHPが10と低めなので耐久面が乏しいので注意です。

☆6になると猫人のスパイの質が上がり、虚無障壁が無欠の盾になります。HPも14になったことで速射やバニのクリにも耐えられるようになりました。個人的には無欠の盾になったことで監視の塔のステルスとの併用が厄介そうです。とはいえ、アスラは☆5でも十分な性能なので他のイベカに比べたら☆6の優先度は低いと言えます。


【世界樹ラシル】
☆5世界樹ラシル

☆6世界樹ラシル

世界樹ラシル 立ち絵

毎ターンバフ効果を1つ除去と射程内のユニを1体必ず魅了するのが特徴のカード。バフ除去に関してはフォーチュンがいる以上活躍の場は無いに等しいです。ですが、唯一勝る点としては神の化身も対象であるかどうかというところでしょう。神の化身はデバフ無効なのでフォーチュンでは打ち消すことが出来ません。確かマジシャンの効果で神の化身を消すことが出来たと思いますので同様に消すことが出来るのではないかと思います。

魅了に関してもラヴァーズがいるので厳しいでしょうし、今の環境ではデバフ無効持ちが多いことと数で押されることも多々あるので1体魅了した所ではあまり恩恵は受けられないと思います。ですが、射程内の敵を100%魅了の利用してある程度狙った敵を魅了することも不可能ではないので、状況によっては役立つかもしれません。

良く言えばフォーチュンとラヴァーズの要素を半分ずつ足して出来たユニですが、どちらも中途半端なので使い勝手が微妙となってしまったという所でしょうか。

☆6になれば転進と50%射程関係なく魅了させることが可能になります。これで上手くいけば1ターンで2体魅了することが可能になります。転進がついたことで前に出にくいですが、その分射程内の敵がいなくなり魅力の機会が減ってしまいます。☆6になっても使えそうで使えないユニな気がします・・・。


【十字砲火の王】
☆5十字砲火の王

☆6十字砲火の王

十字砲火の王 立ち絵

今回の融合枠で当たり②。召喚者がスキルを使用する度に全敵ユニに火炎ダメ2を与えます。麒麟が敵英雄に対し、こちらは敵ユニが対象となります。

このカードは麒麟同様スキル連打することで敵ユニを一掃できますが、上手くいけばステルス持ちやアメリアのダークリッチ等もまとめて除去出来るのが魅力です。ステに関してもHP18と申し分ありませんし、エミリーや暴食と併用することで猛威を振るうことでしょう。

そして何より魔鏡デッキでの運用が一番効果的です。スキル連打に適している点、魔鏡で2体に増やせばスキル1回で全敵に4ダメとスキルさえ使えれば良い点、ダメ主体のためデバフ無効持ちにも対処が出来る点があります。ですが、優先的に除去されるでしょうから墓地回収やデバフ除去等の対策も必須となることでしょう。

☆6になると精神的抑圧3となりダメ効率が上がります。他にはHPが2しか増えていませんが、このカードの唯一の特徴が強化されただけでも十分強いです。以前の融合カードのように5枚目の抽選にも☆5が出てくれれば入手し易く☆6も狙えたのに残念です。


今回の麒麟実装により今後の競技で見かけることが出てくるでしょうし、新たな直撃要素が増えたことで直撃環境に拍車が掛かることでしょう。今回の件で氷結増大がこうもあっさり出てきて入手出来たことで、今後火炎、暗黒増大も同じように出てきたらというのが非常に心配でした。

また何かあれば更新していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ルシフェリアにも氷結増大が適用されるのはバフだからじゃなくて、テキスト外のバフだから
これはプリルーとかジェラシアとかと同じ

赤カンヘルにニーナ入れて火炎麒麟デッキも良さそうですね
問題は盤面維持ですが(._.)

No title

麒麟が実装されたと聞くと・・・配置転換の覚醒とのコンボは鬼畜過ぎますよね(震え声

しかし麒麟で英雄にダメ与える度に、反射の鞍でその分返ってきたら自分死んじゃういそう。。

No title

>ルシフェリアにも氷結増大が適用されるのはバフだからじゃなくて、テキスト外のバフだから
これはプリルーとかジェラシアとかと同じ


何と表現すれば良いかという状態で書きましたので語弊があったかもしれません。

ちゃんとデキスト内で表記してくれればこういったことも回避出来るんですけどね・・・^^;


>赤カンヘルにニーナ入れて火炎麒麟デッキも良さそうですね
問題は盤面維持ですが(._.)


そうですね、麒麟も火炎なので相性が非常に良いです。ですが、ご指摘の通りいかに維持するかですね。

返撃の鞍によってやられやすく、それぞれ単体ではあまり効果が無い以上、ある程度揃えて維持という条件が出てくるでしょう。

2vs2でならニーナとカンヘルは自身が出さなくても効果はありますので、こちらの方が安定するかもしれませんね。


>レヴィアさん

私もまだやってはいませんが強力だとは思います。ですが、ご指摘の通り麒麟が鞍によってやられることが想定されるので、メイファといったダメを肩代わりしてくれる存在が必要になってくるかもしれませんね。

ちなみに配置転換1枚だけでは心許ないので覚醒させて奇襲が1-2枚あれば安定ですね。仮に麒麟がやられても奇襲がまわって相手の手札を削ることが出来ればこちらも少ない戦力で勝てる可能性がそれなりにあるかもしれません。