FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄からの御使いパック

今週も新しいパックが実装となりましたがこれ以外は特に変化はないようですね。サマーキャスタリア後のパックということもあって引く人もいつも以上に少なそうですね。

今回の新カードは融合を除き、低コストに対する一撃持ちと今の環境に役立つカードということもあり私はマーヤ>ゼクエ狙いで開けてみました。

TP[広告] VPS

DG1[広告] VPS

DG2[広告] VPS

1番欲しいカードは最後にやってくるいつものパターンでした。☆4からでるのですぐに出るだろうと期待したのがいけなかったのでしょうか・・・w
メフィストやアスモデウスがでたのでこれを売ってTP回収ですね。

それでは考察です。

【執行者ゼクエ】
☆5執行者ゼクエ

☆6執行者ゼクエ

執行者ゼクエ 立ち絵

今回の☆5枠。通常形態では移動力無限で縦断攻撃+闘志と死亡時変化タイプにしては決して弱くはありません。その上死亡して悪魔形態になることで5マス攻撃、待機値3以下即死、ステルス、敵死亡時HP+1と殲滅力もかなり高いです。

しかし、この強さを100%活かせられない残念な点が1つ。それは通常形態の「転進」です。これによって攻撃しても後ろに下がれるだけ下がってしまうため、攻撃を受けにくい分悪魔形態になり辛いというデメリットとなってしまっています。ましてやセクメトの毒で死亡した場合は転進後に悪魔形態となるのでこちらのパターンも状況によっては活かせられません。射程も2なので攻撃が届かなければ5マス攻撃も剛力無双も意味がありません。

対策としてはゼクエの後ろを埋めるか逆に極力開けて敵を引き込むかですね。前線に枠さえ空いていれば縦断攻撃してくれるので通常形態での運用も可能ではありますね。

☆6になると闘志が2となります。縦断攻撃とは相性が良いのでこちらは問題ないでしょう。ですが、いくら通常形態でも使える要素があるとはいえ、私個人としては悪魔形態を主体に使いたいのでHPが増えた点はマイナスと判断します。まぁ☆6の入手の可能性は基本0ですし、可能性があったとしても次のキャスタリアパックでしょうかw(それまで続いているかどうか・・・)

【悪魔形態】
☆5ゼクエ(悪魔形態)

☆6ゼクエ(悪魔形態)

ゼクエ(悪魔形態) 立ち絵

魔剣インフェルノによる5マス軽減無視に待機値3以下即死という殲滅力。耐久に関してはステルスとユニット死亡時HP1と味方が死んでも育つという隙の少なさ。

メインは剛力無双による待機値3以下即死ですね。競技で良く見かけるメイ・リン、アンネ、エンプレス、フェアリー、加速系、ドロー系、パーン、エレミーが対象となりますので後ろにいてもまとめて一掃出来るのがポイントです。特にステルス、遠距離攻撃のメイ・リンはスキルによる除去がし辛いので5マス攻撃なら十分届くことでしょう。火力も6ということで☆6セクメトが出てきてもブロされなければダメを与えることも可能です。

☆6になると死食2となり物理反射がつきます。相変わらずの大幅強化ですね。こうなると物理によるダメも与えられない上にHPが増えていく一方なので処理が非常に困難です。まさに悪魔w


【ドリフターレビン】
☆5ドリフターレビン

☆6ドリフターレビン

ドリフターレビン 立ち絵

今回の融合枠。毎ターンその場から動かず敵ユニ、敵英雄全体に攻撃し、ダメ対象を2マスプッシュ。敵を押し込みつつ必殺剣等を処理するのがメインとなるでしょうが、HPも6と低すぎますしちょっとした妨害をする程度なのでネタ扱いですね。

魔昌竜の鱗によって回復と魔法半減があるとはいえ、HP6ではバニに耐えられるぐらいでしょう。HP上げて出直ししましょう。

☆6になると問題のHPが15まで増えるので耐久性の問題は無くなりました。しかし、それ以外の変化はないため使うには値しません。
一見敵陣に押し込めば相手も召喚が滞って効果あるようにも思えますが、メイ・リンやアメリア、ふぇりすだけで枠が埋まることもありますし、厄介なユニを遠ざけてしまうというデメリット等もあるので実用性はないと思われます。


【傭士マーヤ】
☆5傭士マーヤ

☆6傭士マーヤ

傭士マーヤ 立ち絵

恐らく今回の注目カード。射程の長さに加えて待機値4以下即死持ちが特徴のカード。本家よりも弱体化されてますがもう実装されるとは思いませんでしたね。

さて、先のゼクエが広範囲+待機値3以下即死でしたが、こちらは超遠距離+待機値4以下即死と射程と即死対象が増えた分対象は1体となりました。どちらも有用性はありますが、私の場合は状況によって使い分け、両立という所もありますが、基本的にはマーヤをメインとして使います。

ポイントは待機値3という軽さに加えて待機値4以下が対象であるということですね。待機値4となるとアメリア、ダークリッチ、ヘルリエン(射程外から)、サキEX、セクメト(フォーチュンと併用)、アリスEX、グリーゼといったユニも対象となってきます。もちろん待機値3以下の問題児も対象ですから即死対象が増えたことで活躍の場が広まったと言えます。ですが攻撃が1なのでブロされたら効果が無いので注意ですね。逆に攻撃が低い分返撃の鞍持ち相手でもそう簡単には自滅しないのは逆にプラスとも言えます。

また、待機値が5以上のユニに攻撃した場合は引き寄せが発動するので離れている場合は引き寄せて他のユニで倒すという連携も可能です。遠距離攻撃で前に出で来なくて倒し辛いニーナ、マーレとかにも役立つかもしれません。

☆6になると破甲がつきますが、最近使われるカードで重甲持ちなのはカジェスぐらいなので☆5で十分ですね。

安定感には欠けるものの、軽い上に大半の敵は即死出来る能力なので使い勝手は良いユニだと思われます。唯一☆4から入手できる新カードなので入手難易度は低めかと思われます。今後競技で見かけることが増えるかどうか気になるところです。


今回はここまでです。また何かあれば更新していきます。そういえばもう来週EXなんですね。人が減ったせいで2vs2のポイントが稼ぎにくいのでこの土日で少しでもやっておきませんと・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ドリフターは化身やバフと組み合わせると非常に厄介でした。
暴食も組み合わせるとリッチが1tで壊滅するので使い方次第だなーと思います。

No title

>ドリフターは化身やバフと組み合わせると非常に厄介でした。
暴食も組み合わせるとリッチが1tで壊滅するので使い方次第だなーと思います。

なるほど、確かに火力を上げれば全体攻撃が機能しますね。

そうすると神の戦士によるセラの全体化版やラティラによる強化というのも有用性ありそうです。幸い敵英雄にもダメがいくのでドリフターレビンさえ強化出来ればOKといった感じになりますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。