スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーパック

一日遅れでの更新です。今回は見た目はエジプトパックなのにミステリーパックとなっております。既にとある新カードの話題で持ち切りかとは思いますが、まずはいつも通り考察した上で、私の考えも書いてみようかと思います。

今回のカードはどれも使える要素はありますが、セクメトはイベクエでも入手出来るから良いとして残りは裁く者アマトが欲しいですね。ということでパック開けてみました。それにしても過去のカード詰め込み過ぎてもう限界なんじゃないですかねぇ・・・。

TP+DG[広告] VPS

DG[広告] VPS

出だしは悪い流れではありましたが、すんなりアマトが出てきてくれました。排出率みるとよくでたなぁと不思議で仕方ありません。まだパーンとかの補充も兼ねられますし、ヤタガラス、少女アマテラスといった強いカードも出るので数開けても強化には繋がるであろうパックではあるのでしょう。

図鑑に関しては新カードの情報は1週間ずれて更新されていますが、今回新たにイベカの「異界2」が設けられ、前回の異界の鎮魂パックのカードからこちらに掲載されていくようです。

それでは考察です。

【裁く者アマト】
☆5裁く者マアト

☆6裁く者アマト

裁く者マアト 立ち絵

今回の☆5枠。敵だろうが味方だろうが容赦なく裁いていきます。挙動は下記の通り。

<挙動まとめ>
①同じラインに自身以外にユニがいないと攻撃しない
②攻撃してもダメが全て0だと回復もしないため、HPも増えない
何体同時に攻撃しようがHPは+2のみ

まぁ大方予想通りの結果でした。さて、比較対象はセラとも言いたいですが、こちらも忘れてはいけません。かなり前からバベル商店に並んでいましたがメダル998枚と完全にネタのような存在のあの人。

【天界の審判者】
☆5天界の審判者

アマトの審判の羽は審判の上位互換であり、審判→不透過な交換によって英雄を回復するとHP+2となります。待機値の関係もあって天界の審判者がネタとすればアマトは十分使える範囲となります。そもそも初期の頃からいるユニと比較しても・・・ですよねw

ということでセラと比較した場合ですが、セラはバランス型に対してアマトはどちらかというと攻撃よりとなり、不透過な交換も相まって瞬間的な英雄の回復という点においてはこちらの方が上と思われます。
セラの場合はダメ固定で、氷の盾によってダメを与えつつ自身と英雄を回復するのに対し、アマトは味方を含む対象の攻撃分だけダメを与えて英雄を回復し、自身は回復出来ない代わりにHP+2によって育つようになっております。セラと比較した場合のポイントは下記の通り。

<メリット>
・相手が強ければその分効果を発揮 →ハデスやレオン、育った敵には効果大
・神聖ダメによって魔甲等のダメ軽減、再性、回帰を無視 →ふぇりすやムバに効果大

<デメリット>
・自身の回復が出来ない
・ダメを受けても特になし

<どちらも>
味方へも攻撃してしまうがその分のダメも英雄回復となるため回復力には優れる
・ジャンプによって前に出やすいが、後続のユニも追撃しやすい
味方への神聖ダメを利用して能天育成が出来る

こんな感じでしょうか。状況次第では良し悪しの別れるユニとも言えることでしょう。ですが、高範囲攻撃持ちということで運用次第では効果を発揮しますし、今の環境では火力低くてもスキルがメインのユニ(スター、エンプレス、フォーチュン、セラ等々)も多いので十分運用は可能かなと思っています。また、今回の例で言うとセクメトを出されても相手の攻撃値を利用した攻撃ですので虚弱は無視できるというセクメト対策としても使えます。
個人的には普通に使うか暴怒デッキに組み込んで 暴怒とセットで能天使の育成を狙うのもありかなと思ってます。相手が強ければ真価を発揮しますので、今後の環境にも対応できる可能性を秘めたカードとも言えるでしょう。

☆6になるとHP+2が3になるのでより育つようになります。その上アナエルの回復もつきますので魔鏡していくだけで味方を回復しつつ敵を殲滅することも可能になります。


【護る者ワジェト】
☆5護る者ワジェト

さりげなく異界強化要因。異界限定の闘志だけでなく、遠距離でのプッシュという点が非常に相性が良いですね。相手を近づけさせないことでやられにくいです。種族闘志といえばセリナがいますが、こちらは軽くて魔鏡が出来る分ステルスがありません。
闘志の恩恵を受けやすい候補としては、火のエレメント・EX、ゼウス、オーディン、ネヴァン、エイル、アルテミス、シオンシノン、アルテイシア、サザーランド、ムバ、アリスEX、ほたる、ルシエル等々と結構います。特に下線のユニは攻撃回数の関係で更に恩恵が受けられることでしょう。

異界デッキはオリジナルが実装されやすいイメージなので今後活躍の場が増えるかもしれませんね。チャンスがあれば1枚は持っておきたいカードです。ニーナと組ませることで闘志の効率化も図れるのも魅力です。

☆6になると直撃が2となるので単体でもそれなりに仕事が出来るようになります。直撃2ならワジェトを魔鏡するだけで2体目から互いに闘志がつくのでワジェトだけの構成でも近づいたら燃やしてプッシュ、近づかないならこちらから燃やすか直接焼き殺すといったひどいことが出来るかもしれませんw


【恨む者セクメト】
☆5恨む者セクメト

☆6恨む者セクメト

恨む者セクメト 立ち絵

今回問題のカード。恨む者というより恨まれる者の方が相応しかったりして・・・。まずは強さについてですが☆5でも全敵に虚弱3とルシファーのアポカリプスと同じ毎ターン3ダメ付与とい壊れ性能です。放置すればこちらの攻撃はかなり通り辛くなり、毎ターン3ダメで気づいたらやられてしまうレベルです。パーンなんかも☆5だと最悪1ターンで終了します。
そして除去するにしても虚弱の関係でユニの攻撃による除去がし辛いという点もあります。これによってスキルによる除去の重要性がでてきますが、職業によって落差が激しいので職業によっては更に厄介となります。

もちろんこちらも出せれば強いのですが、除去、無効化出来なかった場合かなり絶望的です。もちろん両方デバフなのでデバフ無効のユニなら問題ありません。資産が豊富なら対策のしようがあるでしょうが、配布対象ということもあって誰もがデッキに入れるであろうことから対応する側も面倒と言わざるを得ません。
3ダメも厄介でして、フォーチュンを出しても肝心のフォーチュンにダメが発動する点、反射しても防げない点、クリブロが発生しないのでHP3のユニは1ターンで確定死となります。

この上魔鏡されたら効果が倍となりますので2体もいたらダメを与えることはほぼ不可能となり、1ターンで6ダメと被害もかなり大きいです。相手のペースに置いていかれたら詰んでしまいます。

☆6となるとそれぞれ攻撃-5で毎ターン5ダメとなります。少女アマテラス2.5人分にルシファー2人分・・・どう考えてもおかしいです。魔鏡で2体にされたらハデスすらダメが0となり、毎ターン10ダメなので覚醒マーレ以上となります。恐らく☆6を作る人が増え、魔鏡で運用する人も増えることでしょう。


いつもの考察はここまでです。ここから先は今回のセクメトに対して私の思ったことを書きます。



今回このようなカードをこのような形で実装したのは様々な点で良くないと思っています。ですが、私は私でこのゲームが好きですしその環境下でどのようにして勝つか、楽しむかというスタイルなので、これはこれで自分なりに対策を練って競技にも臨みたいとは思っています。ちなみに良くないと思った理由は下記の通り。

①強さ
1体での影響度が悪い意味で高すぎます。あまりの強さにこのカードを出しただけで大半のカードが何も出来なくなってしまうのは使われた側は楽しくないと思われます。その上毒によって早く除去しないとこちらがやられてしまうのですから・・・。

②入手し易さ
これも大きな問題です。これだけの性能なのに誰でも入手出来てしまう点。本来ならパックからのみか配るなら能力を抑えてほしかったですね。良く考えれば無課金の人でも強いカードが手に入る。悪く考えると大半の人が使うことで戦闘の泥沼化、泥沼化によって戦術の幅が狭まる可能性、課金するよりも複垢でやった方が☆6もつくりやすいこと等々考えられます。特に☆6に関してはセラとサキEXの再来となるでしょう。私的にはどちらも複垢なしでつくるのにかなり費やしたので今回もというのはさすがに無理です・・・。

あくまで個人的な考えですが覚醒マーレも出されたら何も出来ないということはありますが、☆6を入手して秘石という代償まで支払って得た物なのでまだ納得は出来るんです。それが誰でも手に入るとなると課金している身としては複雑な気持ちになってしまいます。

③戦術の単調化
これは私の憶測ですが、セクメトが行き渡ることで皆さんが使用。これによって今まで以上に戦闘に時間が掛かることも多くなると思われます。これによって虚弱に左右されない直撃デッキ、マーレデッキ、フォーチュンからの迅雷がより使用されることになるのではないかと思われます。カードゲームである以上様々なコンセプトを基にデッキを構築して、それを使うのが楽しみの1つでもあると思います。そういう考えもあるがためにデッキの単調化という点も危惧しております。

今後について
今回このようなカードが出たことで、今後オリジナルカードの性能がどうなるかが心配です。今回だけが特別なのか、今後もこういったカードがでてくるのかどうか・・・。私的には今回だけでは読めませんが、今後もこのようなカードが出ることを考慮した上でカードの優先度を決めていく必要もあるのかなと思いました。今回のアマトもその1つですね。相手がセクメトだしてきても虚弱の影響を無視して攻撃が出来る点。逆にセクメトだされただけで詰んでしまうようなカードは避けるということもポイントになってくるかもしれません。


と、このように書きましたが他の方々がどのような印象を受けられたかは分かりません。ですが、私はこういうカードがでてもそれを受け入れますし、中には配布されたことを喜ぶ方もいらっしゃるかと思います。今回の件は賛否両論かとは思いますが、私にも思う所はあったので書かせては頂きました。まずは今後の環境の変化を見つつ、いつも通りにプレイして行こうとは思います。


最後にこの記事を書いていて気づいたら3時間たってました・・・w
そしてあれこれ思う所もあって考えながら書いていましたが、上手くまとめられず中途半端な内容となってしまいました。とりあえず書き終えなきゃという気持ちが先走った結果でもありますのでいつも以上にガバガバですがご了承ください(´-ω-`;)ゞポリポリ

長文失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一番乗りかな?

ウルモフ先生大考察お疲れ様でございます。
セクメト実装に関するご懸念、全く同感でございます。
というかチクショウどうしてウルモフさんが書くと
私と違ってこうも読みやすく分かりやすいのか(ブロガ人として嫉妬

セクメトが、攻撃力に頼らない直撃環境を推し進める、
というあたりの懸念は本当に深刻だと考えております。
仰る通りの「単調化」に、嫌気が差して過疎が進む……
そんなことにならないでほしいものだと切に願います。

あとこれもチクショウネタなのですが
相手の攻撃力依存で相手のセクメトに影響受けづらい
というのはマアト考察で考えてたのに自ブログでは書き漏れました(笑)
その辺りのソツのなさにも嫉妬でございます(やっかみ

大親分のご考察力およびご実践力で、ぜひ、
セクメトなんて怖くない!みたいな追加ご考察を頂ければ
きっとみんな「治癒の祈り」で回復した心地になると思います!
("´∀`)bグッ!

まとまな返事はまた明日

>たまさん

コラー!この早さでコメとか中身ほとんど読んでないでしょう( 'д'⊂彡☆))Д´) パーン

アルテイルからの移住組としてはDGはデッキタイプが極端に少ないと思っていたので、こういった純粋なロック系のカードはゲームの幅を広げる意味でも個人的に賛成派です。メタとなるデッキ(カード)が出てくればもっと面白くなりそうですね!

No title

今後ディヴァインは良い意味でも悪い意味でもシステムユニット主体の戦略がとられるようになっていくかと思われます
(罪徳を筆頭に)
システムユニットというものが攻撃がバニラに比べて低めだったり、体力も低めだったりと、とりあえずセクメト出して無、微課金者がその環境変化に極端においてかれないようにする点でいい調整かと思ってますね
セクメトが流行っていくならメタとしては先日の暴怒デッキみたいに急成長するデッキとかがいいのかなーと
光体2で毒も痛くないですしねー
化身ティアもメタとなりますかね

これは罪徳の謙遜入ったパックがばか売れになりますなぁ
またタヴァーユや、ランダム確率ではありますがルルなどの攻撃力に左右されない忘却付与系ユニの価値も上がったり?今後増えたり?するかもしれませんね

No title

>たまさん

セクメトは対処出来ないと負けに直結すると言っても過言ではない性能です。今日競技して改めて実感しました。
もちろん対策すればというのはありますが、その対策が誰でも出来るとは限らない以上投げ出す人も出てきてしまうのではと思ってしまいますね。

とりあえずこの連休中にセクメト対策的な記事を書いてみようかとは思いますが、果たしてどこまで通用するか(まだそんなに考えてなかったり)

アマトについてはセクメト対策の1人とも言えなくはないので忘れちゃいけませんよね!(嫌味


>菊戴さん

なるほど、そういう考えもあるんですね。今後どんなカードが出てくるかにもよりますが、今までの流れからすると極端過ぎる印象しかなく・・・。
個人的に最近の実装内容を見るとすぐに対抗策的なカードがでてくるイメージ(ふぇりすに対してエミリア等)なのでセクメト対策に使えそうなカードもすぐに出てくるかもしれませんね!


>ここりんさん

私的には既にシステムユニット主体な気がしますw

ここ最近実装されるカードはステが高いというよりも能力が特殊なものばかりです。そのため、無欠の盾、虚無障壁持ちがより重要となってくることでしょう。今後の考察に置いてもこのあたりがポイントになってくると思われます。

セクメト対策については後日別途書きますが、確かに暴怒は1つの対抗策と言えると思います。化身単体でもメタになりますが、召喚時に倒すことを前提としたらティア等の連撃持ちが筆頭になるでしょうね。


>これは罪徳の謙遜入ったパックがばか売れになりますなぁ
またタヴァーユや、ランダム確率ではありますがルルなどの攻撃力に左右されない忘却付与系ユニの価値も上がったり?今後増えたり?するかもしれませんね

仰る通り謙遜実装時は多くの方が開けることでしょう。忘却系の価値も上がると思いますが、無欠の盾、虚無所壁よりは安定性に欠ける(謙遜は別ですが)ので、今後より強力な忘却持ちが出てくるかどうか気になることろです。

あ、すみません
ウルモフさんとかの超上位層でなく私達下位層での話ですww
配布ユニットは昔に比べて無欠、虚無が増えてきて、セクメト、サキEX等のシステムも増えてます
これで少しでも追いつけるといいなぁ…

No title

>ここりんさん

なるほど、そういうことでしたかw

確かに配布されたユニに関して言えば今の環境でも十分役立つのが多くなってきましたね。

ですが、極端に強すぎるカードを1枚よりも、ある程度使えるカードを定期的に配布してくれた方が健全だと思います。極端に強いカードが1枚でもあれば魔鏡デッキでそれだけ増やせば良くなってしまいますので・・・。

今後の配布カードに注目ですねー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。