スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴怒デッキ

ここ何日か「暴怒」を使って色々遊んでみました。狩人→術師→戦士とやってみた結果、戦士での活用が一番楽しく有用性も高かったですね。

ということで暴怒を使ってみた感想も交えつつデッキや相性の良いカードを書いてみます。

まずは今時点の戦士でのデッキです。暴怒によって火力を上げた状態で「鎧袖一触」で一掃することをメインとした21枚のデッキ構成です。いつか日の目を見るであろうと残しておいた「鎧袖一触」3枚と☆6の「一刀両断」を盛り込んでみました。

暴怒デッキ

※メイファについてはバデンと入れ替えて使い分け

<このデッキの長所>
①暴怒によって単体でも高火力、高耐久となり突破力に優れる。
②①の高火力を活かすことで鎧袖一触で相手を一掃が可能。これによって押し込まれていても逆転が可能。
③暴怒によるダメでハイプリエステスも自殺可能。これがはまるとアナエル、ふぇりすによって息切れはしなく鎧袖一触も連発可能に。
2vs2での鎧袖一触の効果が絶大

<このデッキの短所>
①全体的に重めのデッキのため速攻系には弱い。
②運が悪いと暴怒も引けず、サンや光体持ちも育てられないと鎧袖一触が無力化して何も出来なくなる。
③暴怒のダメにクリブロが発生することで、光体持ちがブロ、パーンにクリといった事故もある。

ポイントを羅列してみましたが、見て分かる通り良い所もありますが、悪い所も結構あります。結果的にちょっとしたロマンデッキなんですよね。とはいえ、個人的には長所②の鎧袖一触による逆転の可能性が出来る点が大きいと思っています。

デッキが重い分張り付かれてしまうことも良くありますが、他のデッキだとマーレ等が無い限り1対1体処理をしないといけませんし、妖精等で自陣を埋められてしまってユニが出せないということもよくあります。ですが、ユニが1体でも場にいれば鎧袖一触は打てますので、前線に育ったユニがいれば一掃することも出来ます。
もちろんそんな都合よく展開出来るわけではありませんが、鎧袖一触がある以上は極力セルフでもいいので火力上昇を狙い、鎧袖一触で逆転を狙います。

2vs2となると多少展開が遅れても立て直しが出来ますし、数展開されても鎧袖一触で巻き返せるのが大きいです。むしろこれがメインですし、まさか鎧袖一触が3枚あるとは相手も思わないでしょう・・・w


<暴怒と相性の良いカード>
①天の楔ホープ
暴怒ど言えば光体持ちの相性が抜群です。その中でも能天使よりも私はこちらを選びます。理由としては暴怒は味方にダメをばら撒くためHPが低いユニへのカバーが出来る点とグリーゼ対策です。少しでも回復することで延命させるとともに、ほぼ必ず発動する信仰によって光体3と同じ攻撃の成長度となります。待機値が6と重すぎるので覚醒緋の能天使とはどちらか一択でしょう。

②能天使
こちらも光体持ちなのでホープに等しい相性の良さ。ですが、出来れば光体2以上が好ましいので覚醒翠の能天使か☆5以上の緋の能天使、覚醒神の鏡ハマリエルが候補となります。
唯一光体3である覚醒緋の能天使成長度が優れていますが重すぎるということと、半分の待機値3である翠の能天使の方がHP+2とステの差も大きいので私は翠の能天使を使用しています。

③水精セラ
自分と英雄を回復できる範囲持ちなので、火力上昇の恩恵が非常に大きいです。セリナとの組み合わせで良く見かけますが、暴怒だと魔法系のダメにも効果があるのでこちらの方が成長はしやすいです。暴怒のダメを受けてもすぐに回復出来ますし、育てば1ライン封殺も可能です。

④荒野の爪バデン
元々憤怒2持ちのため更に火力が伸びます。ポイントはこれだけでなく☆7であれば撃破時にHP+6がつくため暴怒のダメを気にせず使えます。待機値も3とあって軽いため、単体でも相手に攻撃させてからの鎧袖一触も十分可能です。
憤怒持ちとしてはオーガ系もいますがHPが増える点、相手の陣に突っ込むことでダメを受けに行きやすいということで私はバデンを使っています。

⑤ホァン・メイファ
味方の数だけ暴怒のダメを身代ることで超速度で成長します。あまりの成長度に2~3ターンもたてば鎧袖一触で即死レベルです。ですが、魔法ダメは全てメイファに集まるため光体持ちが育たなくなる、メイファがやられると崩れる可能性があることから使うのは2vs2ぐらいです。

⑥サン
単体で相手の有無に関係なく育つのがポイントです。ですが相手が無視してくれない限り育つことは稀なので時間稼ぎ要因でもあります。怠惰もいますが、少しでもデッキを圧縮したいのもあってサンのみしか使いません。

⑦希望の光アナエル
意外とこのデッキには欠かせない存在です。光体持ちやセラはともかく、他のユニは回復手段がないため暴怒のダメも相まってやられやすいです。そんな時に全回復出来るアナエルがいると育ったユニもより盤石となります。また、暴怒によって攻撃も出来てやられても墓地回収とより無駄が無くなるので安定します。

⑧ハイプリエステス
こちらはスキル回収が目的です。スキルだけなら女禍というのもあるでしょうが、英雄のHP回復出来ますし暴怒で自殺も出来るのでこちら一択です。アナエルやふぇりすと併用することで息切れ対策も確実に出来ます。

⑨古竜ムバドゥ
鎧袖一触のお供にも使えるムバドゥですが、底力によって憤怒以上の成長をみせることも。ですが私の場合は光体とアナエルによる回復を優先したことと、既にデッキが重いため入れる余地がありませんでした。

⑩吸血・ドレイン系
セラのようにダメを受けても回復出来ると即死しない限りは簡単にはやられません。ですが、吸血・ドレインのみでは入れる余地はありませんので、現環境下で使えるのは覚醒マーレぐらいでしょう。

⑪魔鏡
暴怒デッキでこちらも魅力でしたが今回は鎧袖一触に惹かれて戦士に。暴怒をコピーした際の効果は大きいのですがその分ダメも受けてしまうため諸刃の剣です。ちなみにコピーした際の効果は下記の通り。

暴怒1体:憤怒1×1付与 暴怒1回で攻撃+1 被ダメは1
暴怒2体:憤怒1×2付与 暴怒2回で攻撃+4 被ダメは2 暴怒自身に憤怒1×1
暴怒3体:憤怒1×3付与 暴怒3回で攻撃+9 被ダメは3 暴怒自身に憤怒1×2

クリブロを無視した単純計算ですがこうなります。2体いることで暴怒自身にも効果が発動するようになります。暴怒自身はHP20と耐久には優れているので自身が育つようになるというのも1つのポイントです。ですがクリブロを考慮すると味方への被害も小さくはないのでただ増やせば良いということではないので注意です。

⑫他のデッキでも共通
これはどのデッキでも採用しているスター、パーン、サキEX、ふぇりすですね。暴怒だからというわけでなく他のデッキでも共通して使えるためここにまとめちゃいます。スターでドロー、パーンで魔力湧動、サキEXでドローして全体加速、主要ユニを回収するためのふぇりすといった具合に各々にしか出来ない働きで展開、立て直しを図ります。


長文となってしまいましたが今時点ではこんな感じです。未だに使われたことがないので持ってる人は少ないのでしょうが、これはこれでありかなと思えるカードでしたのでご参考までに。EXでも選択肢の1つとして使えればいいかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

当たり前といえば当たり前なんですが
戦士やってると細かいシステムユニット
潰す事が他より難しい関係で初ターンを
潰すアンネやシェスプアンク等の対処に
スキルが使えないとデッキコンセプトの
暴怒もふぇりすも厳しいといった印象です

環境に多いのがアンネよりエンプレス
なのが憤怒デッキには救いでしょうか
最近のカードはエンプレスよりアンネの
ほうが有益に働く事が多いカードが
増えてきて竜使いとしては嬉しい限り
です ルウカとかふぇりす等々…

楽しげな戦士構築ありがとうです‼

No title

>リオルグさん

コメントありがとうございます。確かに戦士は狩人や術師に比べると除去に困りますね。一刀両断も攻撃2以下で精通率も低いので安定しませんし・・・。

ですが、場にそれなりに火力のあるユニがいて鎧袖一触で一緒に処理出来れば他職よりもアドがとれることもあると思います。まとめて一掃出来たときの爽快感は病み付きになりますw
やはりより安定させるならフォーチュン入れるべきでしょうね。

アンネについてはエンプレス一択から変わりつつありますね。単純に「攻撃」を妨害するよりも「厄介なスキル」を妨害することが今後重視されるようになるかと思われます。初回行動系は初回行動さえ封じることが出来れば大きいですからね。

ということで覚醒アンネの報告楽しみにしております(ゲス顔

参考になりました

ハイプリエステスのゆるやかな自殺、
というのはナルホドと思いました。

それに万能サキEXがホークアイ超射程で憤怒攻撃伸び
というのも素晴らしいところですね。

なお光体でいいますとほたるはホーリーランスで
……無欠の盾???
ハマリエルありならほたるも大丈夫ですか大親分?
待機4でホーリーランス、★6なら光体2ですけどいかがっしょ。

でも鎧袖とのセットで考えるとホープの攻撃3アゲのがいいってことなのかなー

No title

この構築ならさえぎるものイヴ(で名前あってたっけ)もありかも?
暴怒本人も天使ですし、光体持ち天使とのシナジーは夢があります。

No title

>たまさん

ゆるやかな自殺とはいっても術相手だと死ぬまでに石か忘却されて無効化されちゃうんですけどね・・・w

ほたるも無欠の盾が魅力的ですので☆6ならありです。高火力で2体まで攻撃出来るなら入れるべきでしょう。

個人的にはホープは攻撃+3と回復、ハマリエルやほたるはデバフ無効の無欠の盾とタイプは異なれど、どちらも暴怒との相性は良いので持っていればこれらは一緒に使うべきだと思います。


>この構築ならさえぎるものイヴ(で名前あってたっけ)もありかも?
暴怒本人も天使ですし、光体持ち天使とのシナジーは夢があります。

私もイヴの運用は考えましたがこの構成では天使の数が少ないこと、全体的に待機値が重いことから展開は厳しいと思われます。
天使のHP+6以上上げるユニやもう少し軽めの天使も織り交ぜたいところです。

もし運用するなら翠の能天使が軽くて使い勝手が良いので2~3枚にしてみたいですね。
今現在の私のデッキではまだイヴの実用化は難しいかなと思いますが、今後の天使次第では十分実用化は可能かと思われます。

天使も使い勝手の良いのが多いので、いつか天使デッキ構築してみたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。